h9j2dの日記

らちを終わらせよう

『らち』40年の不在は、【国難】である。NO.35


      全拉致被害者の即時一括帰国を!

           東京連続集会112 ご案内予告

        米大統領選挙と拉致問題

  米国大統領選挙はバイデン氏が当確と伝えられている。これを北朝鮮はどう受け止めたか。米国の対北朝鮮政策は今後どうなるか。拉致問題はどうなるか。一方、9月下旬、中国が人と物の流れを止めたという現地情報があり、北朝鮮はさらに困難を極めている。この新たな状況を拉致被害者救出にどう活かすか、最新情報をもとに西岡力会長と島田洋一副会長が解説する。横田哲也家族会事務局次長も参加します。

               記

日時 令和2年11月19日(木) 午後6時半〜8時半 開場6時 

場所 文京区民センター2階2A(03-3814-6731)

文京区本郷4-15-14 春日町交差点前  都営三田・大江戸線 春日駅徒歩2分 

地下鉄丸の内・南北線 後楽園駅徒歩5分  

 参加費1000円(事前申込み不要) 主催:救う会東京・救う会全国協議会 

 連絡先:救う会事務局 03-3946-5780 FAX03-3946-5784 〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『らち』40年の不在は、【国難】である。NO.34

 

静岡市で、ドキュメンタリー映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」、上映会。

 

北朝鮮による拉致問題の解決に向け、拉致被害者横田めぐみさん(56)=拉致当時(13)=と家族を題材にしたドキュメンタリー映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」の県内初の上映会が29日、静岡市葵区の映画館で開かれ、約70人が鑑賞した。

 新型コロナウイルス対策で参加者は1席ずつ空けて着席。空席には「必ず取り戻す」と書かれたブルーリボンマークが掲げられた。(産経)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『らち』40年の不在は、【国難】である。NO.33

 

 

拉致問題対策本部事務局、「ユーチューブ」に公式チャンネルを開設。

 

政府の拉致問題対策本部事務局は16日、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発のため、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公式チャンネルを開設した。菅義偉首相や拉致被害者横田めぐみさんの弟、拓也さんらのメッセージが公開されている。
 メッセージで、首相は「拉致問題はわが国の主権、国民の生命と安全に関わる重大な問題だ」と指摘。さらに「全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向けてあらゆるチャンスを逃すことなく全力で行動していく」と強調した。
 拓也さんは「拉致されたまま人質として扱われている拉致被害者たちの声なき声に耳を傾けてほしい。救い出さなくてはいけない」と訴えた。(時事)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 "https://youtube.com/watch?v=y0G_figUBaY"

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『らち』40年の不在は、【国難】である。NO.32

 

拉致被害者家族会、トランプ米大統領に回復を祈る見舞いのメッセージ。

 

北朝鮮による拉致被害者の家族会などは5日、新型コロナウイルスへの感染が確認され療養中のトランプ米大統領に回復を祈る見舞いのメッセージを送った。トランプ氏は訪日時に家族と面談して拉致解決への尽力を約束し、北朝鮮金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長との首脳会談で「進展」を迫るなど日本側に協力してきた。

 メッセージは、家族会代表で田口八重子さん(65)=拉致当時(22)=の兄の飯塚繁雄さん(82)と、支援組織「救う会」の西岡力会長との連名で米国側にメールで送られた。

 「親愛なるトランプ大統領」との呼びかけで始まる文面では、「素早い回復を心から祈ると共に、ほどなく夫人ともども通常の活動に戻られることを希望しています。拉致問題解決を促進するため発揮してこられたリーダーシップに深く感謝している旨、改めて申し述べたいと思います」などとつづった。

 トランプ氏は過去2度の訪日時に家族らと面会し「きっと会える」などと激励。有本恵子さん(60)=同(23)=の父、明弘さん(92)から寄せられた協力を願う手紙にも「全力を尽くしています。あなたは勝利する」と返信を送るなど、共闘の姿勢を示してきた。(産経)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横田めぐみさんの誕生日、での会合。返礼は、適っている。

 

『らち』40年の不在は、【国難】である。NO.31


拉致被害者の即時一括帰国を!東京連続集会111 ご案内本日

安倍総理辞任と拉致問題

 

安倍総理は辞任を表明したが、その「先圧力・後交渉」戦略は機能している。

8月19日労働党中央委員会は、経済計画未達成と人民生活悪化を史上初めて認めた。

経済制裁②コロナ③水害④金正恩の健康不安⑤住民と幹部の不満と反体制勢力の活動⑥中朝関係悪化、という6重苦が金正恩政権を追い詰めている。8月25日、北朝鮮ハッカーの不法行動に激怒した中国が人と物の流れを止めた。この状況を拉致被害者救出にどう活かすか、最新情報をもとに西岡会長が解説する。

               記

日時 令和2年9月24日(木) 午後6時半〜8時半 開場6時 

場所 文京区民センター2階2A(03-3814-6731)

文京区本郷4-15-14 春日町交差点前  都営三田・大江戸線 春日駅徒歩2分 

地下鉄丸の内・南北線 後楽園駅徒歩5分  

 参加費1000円(事前申込み不要) 主催:救う会東京・救う会全国協議会 

 連絡先:救う会事務局 03-3946-5780 FAX03-3946-5784 〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『らち』40年の不在は、【国難】である。NO.30

 

西日本新聞社説からの抜粋

   ◇    ◇

 退陣会見で安倍氏は、拉致の未解決を「痛恨の極み」としながらも、自分が尽力した結果として「トランプ米大統領習近平中国主席、文在寅(ムンジェイン)韓国大統領が北朝鮮との会談で拉致問題に言及するようになった」と語った。しかし「人に言及してもらった」のを成果と誇るのは無理がある。

 もちろん、ここまで解決できない最大の理由は、北朝鮮の政権が不誠実なことにある。中国が北朝鮮に対し十分な締め付けをしなかったのも一因だろう。しかしいずれも、初めから分かっていたハードルである。外的要因は多々あるにせよ、結局安倍氏は小泉氏ほどの突破力を持ち得なかったということになる。

   ◇    ◇

 このままでは将来、安倍氏は「歴代最長の任期を務めながら、拉致問題を解決できなかった首相」として位置付けられるだろう。

 安倍氏に勧めたい。体調が回復し次第、新内閣の拉致担当大臣を自ら志願してはどうか。そして拉致問題が解決するまで、内閣が代わってもずっと担当大臣として北朝鮮や関係国との交渉の指揮を執るのである。それが「この人なら解決してくれる」という期待を抱かせた政治家の責任の取り方ではなかろうか。(西日本特別論説委員・永田健)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何を隠そう。某前衛的ブロガーが、その初陣取材を観光したは。もとへ、敢行したは。

時は世紀末、1999年の初冬頃、新潟の海岸に到った。

彼の国は、世代交代。近況は、ご存知のごとく。

意欲やる気ある首相が。コロナ禍、おもわぬ緊急事態。そして、謙譲の休息

上記の提言。こういう手もあるのか。感じ入った次第です。

『らち』40年の不在は、【国難】である。NO.29

横田早紀江さんら、駐日臨時代理大使と面会。

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(84)と双子の弟の拓也さん(52)、哲也さん(52)らが25日、東京都港区の米国大使館でジョセフ・ヤング駐日臨時代理大使と面会し、解決に向けた継続的な協力を要望した。

 ヤング大使は、6月にめぐみさんの父、滋さん(享年87)が亡くなったことを受け、早紀江さん宛てに「めぐみさんと他の拉致被害者を取り戻そうとするご主人様の強さと信念は、米国だけでなく世界中の人々を勇気づけるものだった」などとする書簡を送っていた。

 面会後、報道陣の取材に応じた早紀江さんは「書簡への感謝を伝えた。大使からは『皆さんと一緒に頑張っていく』という言葉をいただいた」と説明。拓也さんは「拉致は重大な人権問題であり、解決に向けた発信を続けてもらうようにお願いをした」と述べた。

 拓也さんは、滋さんとめぐみさんを含む一家5人が収まった写真をヤング大使に見せたといい、「大使にも娘がいるそうで、他人ごとではないという目をしていた」と明かした。(産経)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~